英国大使館で料理写真講座の講師をしました

こんにちは。撮影担当の澤崎です。
初投稿ですが、携わった仕事などについて、こちらで時々ご報告していきたいと思います。

英国大使館広報部様ご依頼の、A Taste of Britainという食のキャンペーンにまつわる撮影の仕事の一環で先日、ランチタイムワークショップ「プロカメラマンが語る、食べ物の美味しい撮り方」で料理写真の撮り方のワークショップを行わせていただきました。

参加者は英国大使館公認Facebookレポーターと【見つけよう!美味しいイギリス】フォトコンテストの当選者の方々です。

会場は大使公邸という普段はなかなか入ることの出来ない素敵な場所です。

P1060224P1060238

P1060216

講義は、私が考える写真を撮る上で重要な要素、
「光」「アングル」「露出」の3点を中心にして作例を見つつお話ししました。
また、何よりも、「シャッターを押す前に考える」という一点だけにでも気をつけると写真が変わることをお話したら、皆さんよく納得されていました。

講義の後は皆さんに実際に料理写真を撮っていただき、その後講評に移りました。

P1060223015

もともとレポーターをされたりフォトコンテストに応募されている皆さんなので、写真に対する意識が高いのと私の講義もお役にたてたのか、皆さんとってもお上手。

そしてお待ちかねのランチは英国大使館総料理長・吉田龍貴シェフによるスコテッシュ・サーモンマリネのサラダ、ラムのローストのミントソースがけ、サマープディングの3品。

_A8A0669_A8A0684_A8A0679

大使公邸という素敵なロケーション、おいしい料理もあり、おかげさまで写真講座も大変ご好評でした。

初めてつとめさせていただきましたが、皆さんの撮影のヒントになったようで本当に良かったです。

今回ご縁がありお引き受けした写真講座の講師でしたが、撮影の仕事だけに留まらず色んなかたちでコラボレート出来ることがあれば、これからも積極的に取り組んで行きたいと思います。

(澤崎)


Previous post英国大使館様(A Taste of Britain)撮影のお仕事 Next postレシピブック出版プロジェクト、進行中です