レシピブック出版プロジェクト、進行中です

今日ご紹介するのは、もう2年ほど前にプロデュースのご依頼をいただき、15回にわたるフォトセッションが先週完結。いよいよこの秋のレシピブック出版に向けて、制作の仕上げに入っているCooking Studio Yの進藤由美子さんのプロジェクトです。

130524ns068

進藤さんは、フードコーディネーター、テーブルコーディネーター、料理撮影スタジオ経営のご経験を生かし、現在はご自宅で「Cooking Studio Y」を主宰されているお料理研究家。

国内や海外で食関連の知識や情報を、ご自身のアンテナで長く地道に研究され、その成果を、毎月発表する季節の創作料理に生かされています。

130719ns021130524ns064130614ns027

その抜群の美的センスは、自由自在なテーブルコーディネートにも表れていて、家庭でとり入れられる気軽なものでありつつも、そのプレゼンテーションや色づかいの素晴らしさは、やはり簡単には思いつかないアイディアにあふれたもの。

140814ns004130614ns007130719ns003

大人の遊び心あふれるご自宅のインテリアは、女性誌やインテリア誌で何度も取り上げられたことがあります。

130524ns049-Edit130719ns015130719ns013

進藤さんの当初のご希望は、自分の作品として残る何かをずっと考え続けていて、どんな形がベストなのか、相談に乗ってほしいというものでした。

どのような形にも仕上げられるよう、毎月のお料理とテーブルコーディネートを撮影して記録することから始めてみましょう、とご提案して、毎月のお料理レッスンにお邪魔し、撮影をさせていただくこと1年余。

140814ns010

ウェブサイトでのさらなる発信、電子書籍制作、会報誌創刊などさまざまな可能性を考えてお話をしてきたのですが、撮影開始から半年を経過したあたりで、「ずっと大切にしてもらえるような、私らしいお料理本をつくりたいということが、一番やりたいことだったんだとわかりました」という答えを、進藤さんご自身からいただきました。

そして今年に入ってからは、編集企画とブックレーベルの立ち上げ、本の構成に合わせた追加撮影、原稿のまとめと、着々と準備を進めてきました。

20140814

まさに私たちがこの仕事をしている目的、「ストーリーと写真で、素敵な何かを持つ人の豊かな世界を伝える」というお手伝いができること。
とても光栄で張り合いがあり、身の引き締まる思いです。

これから10月に予定されている発売に向けて、進捗の様子をこちらでもときどきご紹介していきたいと思います。

(田村)


Previous post英国大使館で料理写真講座の講師をしました Next postウェブショップの撮影ディレクション